赤ちゃんや小学生ぐらいのお子さんにも対応♪おすすめのおもちゃ・知育玩具レンタルサービスを料金や保証、さまざま点から比較してご紹介します!

賢いママがやっている!?おもちゃを無駄にしない節約術とは

公開日:2020/06/15  最終更新日:2020/06/22

おもちゃはいくつも買いかえることになりますが、使わなくなると無駄になってしまいがちです。子育て中は他にもお金がかかりますから、できるだけ節約していきたいものです。賢いママがどのようにおもちゃを利用しているのか、お金をできるだけかけない形での利用方法をチェックし、検討してみましょう。

お下がりや中古品などを利用してみるとよい

成長段階によって遊び方は変わってきます。それに伴い、必要なおもちゃも変化していくことになるのです。そのときすべてを購入していくと、かなり多くの費用がかかってしまうことになります。

少しでも安く手に入れて利用したいという場合には、知り合いなどからお下がりとして譲り受けるという方法があります。少し年齢が上のお子さんがいる親戚や友人がいれば、相談してみるとお下がりをいただけるかもしれません。

洋服などでは良くお下がりを利用しますが、おもちゃでも非常に効果的と言えます。特に大きなおもちゃは場所をとるので、処分することを検討するご家庭も多いので、そのタイミングが合えば譲る方にもメリットがあるのです。

また、リサイクルショップなどで購入すると少し安く手に入ることもあります。あまり使われなかったものがあったり、プレゼントなどで重なってしまったものなどが未使用で売られていたりすることもあるので、思わぬ状態の良いものが手に入ることもあるのです。

できるだけ費用を抑えたいという場合にはリサイクルショップなども見てみるのがおすすめです。こうした中古のものは使用されていることも多いですから、使用前にきちんと清掃や消毒をしたり壊れていないかを確認したりということが必要になります。

そういった点に気を付ければ、お得に使えるでしょう。もちろん自分が使い終わったら他の方にお下がりに出したり、買取に出したりすることで保管のスペースも取らずに済みます。

期間が限られているものなどはレンタルがおすすめ

大型のものや少しの期間使うことになるだろうと思われるおもちゃなどは、購入することをためらってしまうこともあります。高額なものなどはお子さんの遊び方に合うかどうか一度試してみたいと思いつつも、諦めている方も多いでしょう。

そういった場合はレンタルができないか、探してみるとよいでしょう。レンタルすることで保管をせずに済みますから、大きなものでも利用しやすくなりますし、高額なものも一時的に使うのであれば借りたほうが安く済ませることができるメリットがあります。

本格的に使うかどうかわからないものも、レンタルしてみて気に入ったら購入するという形にすれば、使わずにムダになるということがなくなるので結果的にはお得になるということが言えます。

確かにレンタル料の分は負担が増えるように感じますが、使わなかった場合のことを考えればメリットのほうが大きいです。もちろんすべてのおもちゃをレンタルするということは向きませんが、大きなもの、値段が高いものなどはレンタルすることのメリットが大きくなるといえます。こうしたものを利用したいと考えている場合はまずレンタルから検討してみましょう。

工夫をして気に入ったおもちゃに

お子さんはキャラクターものなどが大好きです。親としてはシンプルなおもちゃを与えたくても、キャラクターの付いたものを魅力的に感じてしまうのが子供ですから、なかなか気に入ってくれないこともあります。

また、中古のものやお下がりでいただいたものなどは昔のキャラクターが付いていることが多く、興味を持たれにくいということもあるでしょう。そういった場合には工夫をしてお子さんの気に入るおもちゃに替えていきましょう。

キャラクターのシールを購入して貼り付けるだけでも見た目が変わり、お子さんの興味を引くことがあります。絵心のあるママなら絵をかいてみても良いです。こうしたちょっとした工夫でお子さんのお気に入りのアイテムにかえていくようにしたいものです。

 

お子さんの成長に合ったものを利用しつつ、無駄にしないようにするためにいくつか気を付けておきたいポイントがあります。単にモノを無駄にしないというだけではなく、保管スペースなども大きな負担となりますから、そういった点においてもメリットがある方法を選んでいくことで、子育てや暮らしがより素敵なものとなっていくでしょう。

これからおもちゃを与えるのであれば、ものを無駄にせず、負担の少ない形でどのように利用していくかということを考えておきたいものです。その際にはここに挙げたようないくつかのポイントを考えつつ、どのように利用していくかということを考えていくようにしてみてください。より良い子育ての役に立つことがあるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
【おもちゃ・知育玩具】おすすめレンタルサービス5選
記事一覧