赤ちゃんや小学生ぐらいのお子さんにも対応♪おすすめのおもちゃ・知育玩具レンタルサービスを料金や保証、さまざま点から比較してご紹介します!

おもちゃ・知育玩具のレンタルサービス選びで注意したいポイントまとめ!

公開日:2019/11/19  最終更新日:2019/11/20

積み木の階段の上に星型の積み木を乗せている様子
最近では、おもちゃや知育玩具のレンタルサービスを提供する業者も増えてきましたが、そのシステムや取り扱うおもちゃの内容、料金などは業者によって大きく異なる場合があります。

ここでは、どのような点に注目して業者選びをすればよいのかについてご紹介します。

対象年齢・コンセプト

業者によって異なる点としてまず挙げられるのは、対象年齢の違いです。赤ちゃん(2歳くらいまで)専門の業者もあれば、知育玩具にも重きを置いた8歳くらいまで利用できる業者もあります。

次に、取り扱うおもちゃのコンセプトの違いが挙げられます。木製のおもちゃ専門の業者もあれば、外国製のおもちゃを中心に取り扱う業者もあります。
また、「おもちゃというツールを使って親子の時間を大切にしてほしい」、「次に使う人のことを考えて物を大事に扱うことを学んでほしい」、「乳幼児期という短い時間しか使わないものだからこそ、購入ではなくレンタルを利用することで家計を応援したい」など、それぞれの業者が考えるおもちゃレンタルというサービス自体のコンセプトにも違いが見られます

子どもの年齢や個性、各家庭の子育ての方針や目的などに合わせて業者選びをすると良いでしょう。

料金

おもちゃレンタルサービスは、業者によって料金体系も異なります。

まず1つ目は、レンタルしたいおもちゃひとつひとつを都度払いするタイプのサービスです。このタイプの業者を比較する際は、同じようなおもちゃをどのくらいの料金でレンタルしているか、保証はついているのか、延長したい場合追加料金はかかるのかどうかなどを見て判断しましょう。

そして2つ目は、プロが選んだおもちゃを定期的に届けてもらうタイプのサービスです。このタイプの業者は毎月一定額を支払うことで利用できるという料金体系になっているので、金額面での比較はしやすいでしょう。

提案力

毎月一定額を支払い、おもちゃを定期的に届けてもらうタイプのサービスでは、そのおもちゃ選びの提案力も業者選びのポイントのひとつです。

おもちゃを選定する人はどんな人なのかや、プランは特定のものではなく、子ども一人ひとりの個性や好み、月齢などに合わせて作成してもらえるのかなどは、あらかじめチェックしておきましょう。

実績

おもちゃや知育玩具のレンタルサービスを提供する業者選び、最後のポイントとなるのは、その実績です。設立してからの年月や累計利用者数はもちろん大事ですが、特にリピート率の高さは注目したいポイントです。

おもちゃや知育玩具は生活必需品ではないので、本当に優良な業者しか継続利用してもらえません。ですから、リピート率というのは利用者の満足度を知るうえで特に参考になるデータと言えるでしょう。

まとめ

おもちゃや知育玩具のレンタルサービスを提供する業者選びのポイントとして、対象年齢やコンセプト、料金、提案力、そして実績を挙げました。

子どもは遊びを通して成長すると言いますから、できるだけ色々な種類のおもちゃを経験させてあげたいですよね。しかしすべて買い与えるとなると、ねだれば何でも買ってもらえると思わせてしまい、子どものためにもよくありません。

色々な種類のおもちゃで遊ぶことができ、次に使う人のことを考えて物の大切さを学ぶ機会にもなるおもちゃ・知育玩具レンタルサービス。ここでご紹介したような点を踏まえ、それぞれの家庭に合った業者を選ぶようにしてくださいね。

おすすめ関連記事

サイト内検索
【おもちゃ・知育玩具】おすすめレンタルサービス5選
記事一覧