赤ちゃんや小学生ぐらいのお子さんにも対応♪おすすめのおもちゃ・知育玩具レンタルサービスを料金や保証、さまざま点から比較してご紹介します!

【全部イヤ】は言わせない!イヤイヤ期を切り抜けるおもちゃの選び方のコツ

公開日:2020/11/15  最終更新日:2020/10/07

子どもがまだ小さいときは、自分の思い通りにならないことがあると、イヤと言って、親を困らせることがあります。成長のための大切な過程とはいえ、イヤイヤ期が長く続けば親の負担も大きくなります。そこで今回は、イヤイヤ期を切り抜けるためのおもちゃの選び方や工夫をご紹介します。

おもちゃに頼るのはダメ?イヤイヤ期の子どもとの接し方

イヤイヤ期に入ると、何かにつけて「イヤ」「ヤダ」というようになります。子どもからすれば困らせるつもりでいっているのではないとしても、親にとってはしんどいものです。子育てを頑張りながらも仕事や家事を続けていく必要がありますから、子どもの「イヤ」に振り回されることが続くと疲れてしまいますよね。

この期間を切り抜けるために、親御さんはさまざまな工夫をされているでしょう。しかし、親の接し方や話し方など、大人の対応に工夫をこらすのはいつもできるわけではありません。そこで、子どもが楽しく遊んでくれるおもちゃを見つけることに注目してみましょう。

たとえば、お風呂になかなか入ってくれない場合、お風呂に楽しいおもちゃがあると、子どもがお風呂に入りたがる場合があります。ちょっとしたことで、子どもの気持ちに変化があり、今までイヤと言っていたことが逆に楽しみに変わることもあります。

最近ではお風呂で遊べるおもちゃひとつとっても、さまざまな種類のおもちゃがあります。身近なお店で購入できるものだけではなく、オンラインサービスにも注目することで、子どもにいろんなことに興味を持ってもらうきっかけになるでしょう。

おもちゃの中でも知育玩具に興味を示してくれれば、子どもがしっかりと自分の頭を使って考えるきっかけを作ることもできます。「おもちゃや物に頼ってばかりじゃダメ」と考える方も多いかもしれません。しかし、イヤイヤ期の子どもにイライラしてしまう自分のために、おもちゃや物を上手に使ってなるべく楽しく育児をすると考えてみてはいかがでしょうか。

育児は大変なものですから「常に楽しい!」という人は少数派です。子どものためにおもちゃや物を利用することは決して悪いことではありません。

レンタルサービスを利用して必要なものを用意する

子どもの成長に合わせてたくさんの知育玩具を購入すると費用がかかるため、レンタルサービスを上手に活用することをおすすめします。子どもの成長に合わせて必要なものをレンタルすることで、費用を抑えつつ、子どもが夢中になって遊べるものを簡単に用意できます。

オンラインのレンタルサービスなら、子どもが小さくて買い物が大変な時期でも楽に使えます。子どもの成長に合わせて別のおもちゃに変えたい場合には、返却して次のものを届けてもらうことができます。

商品を購入してしまうと、使わなくなったものは処分する方も多いため、捨ててしまうのはもったいないと感じる方も多いでしょう。リサイクルできるものはたくさんあるため、レンタルサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

成長の速い子どものものは購入ではなく、レンタルするメリットに注目することをおすすめします。レンタル期間中の汚れや破損に関する保証が用意されているサービスもあるため、安心して使えます。今の子どもの年齢に合った知育玩具の選び方がわからない方も、オペレーターに相談をできるサービスもあります。

レンタルサービスは複数あるため、それぞれのご家庭に合ったサービスを見つけられるように、複数のサービス情報を集めて、比較をすることも大事なポイントです。

親子の時間を大切に使えるおもちゃ選び

イヤイヤ期でも、楽しく遊ぶことができるお気に入りのおもちゃがあると、それをきっかけに行動や気持ちに変化をつけることができるかもしれません。イヤイヤ期は子どもが自立するための大きなステップですから、親がストレスほどの激しい「イヤ」もしかたないものです。

「イライラしてはいけない」と無理をせず、子どもも自分も楽しい気持ちになれる時間を1分でも多く作るよう心掛けてみませんか。知育玩具には文字を書いてみたり、いろんな数字を見て学んだりと学習につながる遊びができるものもあります。また、徹底的に除菌・クリーニングをしたものを使えるため、安心して利用できるサービスです。

 

子どもの大きな成長の証であるイヤイヤ期は、どんなに接し方に気を付けていても理不尽な「イヤ」が出てくるものです。成長の証ですから、「わがままを治さないと」「言い方が悪かったんだ」などと自分を責める必要はありません。できることならおおらかな気持ちで過ごしましょう。

気持ちにゆとりを持つためには、真向からイヤイヤ期に挑むのではなく「空気を変える」ことも大切です。「イヤ」が続いたらおもちゃや物に頼って、空気を変えることにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。レンタルできる知育玩具なら、お子さんの成長に合わせて最適なものを使うことができますよ。

おすすめ関連記事

サイト内検索
【おもちゃ・知育玩具】おすすめレンタルサービス5選
記事一覧