赤ちゃんや小学生ぐらいのお子さんにも対応♪おすすめのおもちゃ・知育玩具レンタルサービスを料金や保証、さまざま点から比較してご紹介します!

知育玩具は何歳から遊ばせるの?選び方のポイントを知っておこう

公開日:2020/08/15  最終更新日:2020/07/27

知育教育というのは、子供のうちにいろいろなおもちゃを使うことによって遊ぶ楽しさを学ぶことでいろいろなことに興味を持ってもらえるようにする教育になります。そんな知育教育に使うのが、一般的に知育玩具と呼ばれるものです。

知育教育は0歳から始められる

知育玩具は、子供の年齢に合わせて遊びながら脳を鍛えるのに役に立つおもちゃを意味します。言葉を話せるようになるのは一般的に3歳からのため、このときから脳が成長していると実感する親はたくさんいるのです。

しかし実際には脳の発達は0歳から始まっており、親が気付かないだけで急速に成長を始めています。そのため知育教育を何歳から始めるとよいのか考えてしまいますが、実は生後1か月のぐらいから始められます。実際に知育玩具も、0歳対象のものがあるので利用するとよいです。

0歳から2歳までは触れることの楽しさ

0歳1か月から始められることが分かったところで、次に重要なのがどんなおもちゃを選んだらよいのかという選び方のポイントになります。0歳から1歳までは、泣くだけしか感情表現をすることができないですが脳はしっかりと成長を始めています。

ただ生まれて間もない段階では、目の神経が発達していないのでぼやけて見える程度です。そこで0歳から1歳になるまでは、ガラガラやおしゃぶりなど世界には色と音という存在があるということを教えてあげます。色と音という概念があることを教えてあげることで、世界には楽しいことがあると教えてあげられます。

そして1歳の終わりから2歳になると、しっかりと目で見るそしてよちよち歩きもできるようになっています。このときになると、徐々にではあるのですが手でつかむ行為もできるようになっているのです。

そこで手を使って楽しむことを覚えさせるために、この1歳から2歳になったら、伝統の知育玩具である積み木だけでなく歩く練習にもなるガラガラのタイヤ付き車そしてカスタネットなど音の出るおもちゃを楽しんでもらうと脳の発育を助けてくれます。

ただし1歳から2歳になったときに注意したいことがあり、それはなんにでも興味を持つことによって手で触るだけでなく何でも口に運んでしまうことがあります。もし人形の靴など小さい遊具の一部が外れてしまい、それに興味を持って口にしたことで誤飲を起こす事故というのは実際に起きているのです。

そのためこの時期に知育玩具で遊ばせるときには、必ず親が責任を持って道具の品質管理をおこなうことだけでなく極力子供だけで遊ばせるのではなく親と一緒に遊ぶほうが安全です。0歳から始めることで急速に脳が成長するので、1歳以上になったときの教育もやりやすくなります。

3歳以上になったら作る喜びを

3歳以上になると言葉を話すだけでなく、しっかりと2足歩行ができるようになります。この時期になれば親とも意思の疎通ができるようになるので、いろいろなことを楽しんでもらえるように知育玩具を与えます。

脳が急速な成長を遂げることである程度、自力で動いたり考えたりできるようになってくるので、積み木やレゴブロックを作成するのに明確な目標を立ててあげます。例えば動物を作るや建物を作るなど、これまで不明瞭だった造形物に明確な目標を作ることで作成する楽しさを教えてあげるのです。

4歳以上になったら意思を持って歩くことができるので、この時期になったらおもちゃを持って公園に外出します。周りには同じ年代の子供たちがたくさんいるので、自分以外にもたくさんの人間がいるということを知ることによって多様性の重要性を認識できるのです。

もしできることなら好奇心旺盛な時期に外国の子供と英語を学べる機会を作っておくと、偏見の目を持つリスクを少なくできるのと大人になったときに英語に親しみを覚えやすくなるのでよいです。

そのためにはおもちゃ関連に、英語のリスニングができる知育玩具だけでなく後々の算数を覚えるために数字が書かれたボードゲームなどを用意すると生活の助けになります。

 

生まれてきた子供がいろいろなことに興味を持って健やかに育ってほしいというのは、何度も言うようにどの親も共通する願いです。この興味を持ってもらうためには、やはり子供のうちに物事をおこなうことによる楽しさを押し上げることが重要になります。

この目的を手軽に果たすために役に立つのが知的玩具であり、0歳の年代から適切なおもちゃを与えることによって世の中には楽しいことがたくさんあることを教えてあげられます。この世の中が楽しいということを覚えさせることができれば、おのずと親が願っている何事も興味を持って健やかに育ってほしいという願いをかなえることができるのです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
【おもちゃ・知育玩具】おすすめレンタルサービス5選
記事一覧