赤ちゃんや小学生ぐらいのお子さんにも対応♪おすすめのおもちゃ・知育玩具レンタルサービスを料金や保証、さまざま点から比較してご紹介します!

増えすぎて困る【不要】になったおもちゃの処分方法はどうしてる?

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/03/25

赤ちゃんの頃から成長に合わせて、あらゆるおもちゃを与えることになりますが、増え過ぎて困ったり最終的な処分で頭を悩ませるのではないでしょうか。

おもちゃごとに適した処分方法を理解しておくことは勿論のこと、処分や保管場所で困らないレンタルという方法があることも頭に置いておき、不要なおもちゃを出さないようにすることも大切です。

不要なおもちゃを捨てる処分方法

直せないものや壊れてしまったものは当然捨てることになりますが、それ以外にも子供が成長して使わなくなったとなれば、捨てるという選択をする人はかなり多いのではないでしょうか。その際には、おもちゃの素材や大きさによる捨て方を理解しておかないと、マナー違反になってしまうので気をつけましょう。

おもちゃの捨て方は各自治体によって違いがあり、大きさや素材などによっても違いはあります。通常のゴミの日に捨ててしまえるものもあれば、粗大ゴミとして申し込みが必要なものもあります。住んでいる自治体により違いがあるので、配布されるガイドブックを参考にしたり、ウェブサイトをチェックしたりしてみるようにしましょう。

ぬいぐるみも定番のおもちゃの一つであり、処分時に頭を悩ませることも多いと思います。基本的にぬいぐるみや人形も燃えるゴミとして捨てることができますが、思い入れがあり燃えるゴミとして可燃ゴミの日に出すのは気が引けてしまいがちです。その場合には、人形供養を行っている場所に持っていってはいかがでしょうか。もちろん少額とはいえ金銭面の負担はありますが、大切にしていたぬいぐるみや人形を処分するときには適した方法です。

捨てるときにはマナーを守ることが大切であり、なんでも燃えるゴミに出せば良いわけではないことは頭においておき、わからない時には問い合わせて確認してから処分しましょう。

買取業者に売ったり譲る処分方法について

近年ではおもちゃの買取を行っている業者も増えていますが、新品のものは別として使用したアイテムは買い取ってもらえないケースも珍しくありません。勿論買取業者による違いも大きいので、悩んだ際には査定してもらうようにしましょう。

数が多かったりかさばるものとなれば、お店に持ち込むことは難しいと感じるかもしれません。しかし、近年では出張買取や宅配買取を行っている業者も多いので、より気軽に買い取ってもらえます。その際には、出張料や宅配料が発生しないか確かめておき、無駄な出費にならないようにすることが大切です。

中古品は原則として買取不可となっているケースもあるので、悩んだ際にはまず業者に問い合わせましょう。買取が出来ないと言われたものでも、捨てるのは気が引けたり勿体無いと感じる場合もあります。その際には、知人に譲ろうと考えるのも当然ではないでしょうか。

しかし他人が使ったおもちゃを譲ってもらっても、衛生面が気になってしまうなど、ありがた迷惑になってしまうケースはかなり多いものです。新品でない限り他人に譲るのは控えた方が良いのではないでしょうか。

当然のことですが、買取業者で買取不可と判断されたものは、他の人が欲しがらないものということであり、他人に譲ろうとしても拒否されることが多いです。受け取ってもらえた場合でも、実際には使ってもらえないことが大半と言えます。

おもちゃの処分で困らない方法なついて

愛用したおもちゃの処分で悩むのは当然のことですが、年齢とともに使うアイテムには違いがあり、大量に持っていても邪魔になってしまいます。処分方法や捨てるタイミングで悩まないようにするためにも役立つのが、レンタルという方法ではないでしょうか。

一昔前は購入するのが当たり前とされていましたが、近年ではレンタルはかなり身近な存在になりました。子供の成長はあっという間のことであり、その都度おもちゃを買い与えていると、どんどん増えていってしまい保管場所や方法でも頭を悩ませることになります。

購入しても気に入ってくれなければ遊ばないので、無駄な出費にもなってしまいかねません。レンタルなら子供が気に入らなければ返却して違うものを借りれば良いので、おもちゃ選びで悩む必要がなくなります。常に新しいものを与えることができ、子供の知育に役立つアイテムも多いのでより成長に役立てることができるのではないでしょうか。

捨てるとなれば手間もかかり、中には処分料が発生するケースもあります。レンタルしておくことにより、無駄な出費の削減になり捨てる時の後ろめたさも感じる必要がなくなります。きちんと除菌やクリーニングがされたアイテムを借りることができるので、衛生面でも安心することができ、子供がより喜ぶアイテムも探しやすくなるのではないでしょうか。処分で頭を悩ませないためにも、レンタルは役立つ方法です。

 

おもちゃは素材やサイズにより処分方法には違いがあり、捨てるときにも気をつけなくてはなりません。買取業者を利用したり他人に譲る方法もありますが、そもそもレンタルを選んでおけば、処分の必要がないので頭を悩ませずに済みます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
【おもちゃ・知育玩具】おすすめレンタルサービス5選
記事一覧