赤ちゃんや小学生ぐらいのお子さんにも対応♪おすすめのおもちゃ・知育玩具レンタルサービスを料金や保証、さまざま点から比較してご紹介します!

お風呂タイムを楽しく過ごせるおもちゃの選び方と注意点をご紹介

公開日:2020/01/15  最終更新日:2020/01/16

お子様が幼少時に一番嫌がる日常生活の作業というのがお風呂とされています。嫌がるお子様をお風呂に入れるのは子育てをしていく過程においてとても大変な作業です。今回は、そういったお風呂タイムのお子様とでもとても便利な、楽しく過ごせるためにおすすめのおもちゃについて選び方や注意点などを紹介させていただきます。

定番からこんなモノまであるお風呂用おもちゃ

一般的にお風呂用おもちゃとしてイメージされることが多いのが、湯船にぷかぷかと浮かべるあひるのおもちゃです。しかしながら、湯船で使用するのが基本なため、あまりお子様のお風呂タイムで役立ってくれるモノではありません。また、多くの娯楽に接してきている2020年のお子様では、そもそも、あひるがぷかぷかと浮かんでいるだけでは楽しんでくれるとは限りません。

定番の一つでありながら、進化を続けているのが水鉄砲です。昔は、水鉄砲そのままの見た目をしており、突起部分などがお子様に危険な要素もありましたが2020年では凹凸のない魚型の水鉄砲となっていて、安全です。材質もシリコンなどを使用している場合が多く、水に浮かびやすいようになっています。お子様が食べてしまうことも難しくなっているのが、嬉しいポイントとされています。

メディアで取り上げられる機会も多いのが、お絵かき用石鹸です。幼少時のお子様というのは、性別などは関係なしにとにかくお絵かきが大好きで、ありとあらゆる所にいたずら書きをしてしまい、それを消すのが大変といった悩みは多くの方が共有しています。

お絵かき用石鹸は、そうした悩みを逆手に取って、絵も描ける上に石鹸としても利用できるようになっています。そのため、入浴が嫌いなお子様でも、絵をかけるよと入浴させるのがとても簡単になります。レンタルサービスなどでも人気のレンタル商品の一つです。

お風呂用おもちゃを選ぶときに大事にしたい選び方

多種多様なお風呂用おもちゃが出れば出るほど、世の保護者を悩ませるのは、そのセレクトです。子供を適度に楽しませながらも、入浴の邪魔にならないようにするというのは、なかなか両立が難しいポイントです。この項では、どのようなモノを選べばいいかについてわかりやすく解説していきます。

まず、おもちゃを選ぶにあたって一番大事な理由となるのが、その商品で本当にお子様が喜び、楽しんでくれるかです。お子様が楽しんでくれないと、せっかく購入した意味がなくなってしまいます。かといって遊びすぎてしまっても、保護者側の負担が大きくなりますし、長い入浴はまだ成長過程の体にも負担がかかってしまいます。

適度に楽しめるモノを選ぶというのは、そのお子様を一番近くで見て、育ててきている保護者の方でしかできないことです。必ず、お子様の好みにあったモノを選ぶようにしましょう。

そのお子様が苦手な入浴の行程でも使える商品を選ぶことも肝要です。例えば、シャンプーが苦手なお子様であったらシャンプー中に楽しめるようなおもちゃ、入浴が苦手なお子様であったら、その入浴が少しでも長く続けられるようなおもちゃといった具合に、入浴の悩みに応じたおもちゃをセレクトする必要性が高いとされています。あくまで入浴を楽しくする道具であって、本当の目的は入浴そのものであることを覚えておきましょう。

お風呂用おもちゃを使うにあたっての注意点

買ってただ入浴時に使うという方法もありますが、十分に注意点を熟知した上で使用することが、お子様の安全といった観点からもっともおすすめです。お風呂用おもちゃの注意点とはどのようなモノがあるかを見ていきましょう。

お風呂用おもちゃを取り扱うにあたって一番の注意点として、挙げられることが多いのが、その材質と着色です。もし、お子様が食べようとした場合に、実際食べてしまわなくても体に悪影響のある材質や着色料は使われていないかというのは、保護者の方が必ず知って置かなければなりません。

2020年では、この点をしっかりと踏まえた上での商品も多く販売されています。具体的には、お子様の力では、絶対に食べられないような材質であったり、体に害のない着色料を使用したりと、さまざまな商品が出ているので、買ってみるのも一つの手です。

お子様に危険性はないかをチェックするのも大事です。お風呂用に限った話ではありませんが、おもちゃの多くは扱い用によってはとても危険な道具にもなってしまいます。万が一の場合にお子様が遊んでいても大丈夫かといったチェックをするのは、必要な作業です。

特にお風呂用おもちゃというのは、通常使うモノに比べて危険性の除去が徹底されていなく、事故なども起きています。これは、入浴という状況によるモノもありますが、なんにせよ危険性はしっかりと確認しておきましょう。

 

今回は、どういった商品があるのかからその選び方、注意点に至るまでさまざまな観点から解説してきました。兎にも角にもこうしたモノというのは、お子様が入浴を楽しんでくれるように使うモノですから、入浴の邪魔にならない程度のモノを購入する必要があります。また、2020年ではレンタルサービスも多くがあるので、もしダメであってもレンタルをすることによってカバーすることが可能です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
【おもちゃ・知育玩具】おすすめレンタルサービス5選
記事一覧